CCUSの能力評価(レベル判定)

国土交通省が主導し建設業振興基金が主管する「建設キャリアアップシステム」において、全鉄筋は「鉄筋技能者能力評価基準」を策定し、国土交通省より建設技能者の能力評価制度に関する告示(平成3 1年国土交通省告示第460号。以下「告示」という。)に基づく大臣認定を受け、鉄筋施工技能者の評価レベル2~レベル4のレベル判定事務を実施しています。

「建設技能者の能力評価制度」は、建設キャリアアップシステム(CCUS)に登録された保有資格や現場の就業履歴などを活用し、技能者一人ひとりの経験や、知識・技能、マネジメント能力を正しく評価します。

建設技能者の能力評価制度について(国土交通省)

https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_fr2_000040.html

国土交通省レベル判定システムの停止に伴う能力評価の実施について

鉄筋技能者の能力評価(レベル判定)申請受付フォーム準備中

今般、国土交通省レベル判定システムの停止に伴い、当協会では、Web(全鉄筋ホームページ)から鉄筋施工技能者に関する能力評価(レベル判定)の申請受付ができるよう、独自のシステム開発に着手しました。
つきましては、システム開発の完成まで、しばらくお待ちください。(令和3年度内完成を目標)

鉄筋施工技能者に関する能力評価レベル1~4の基準

 就業日数保有資格職長・班長としての就業日数
レベル4就業日数が
2,150日(10年)以上で
あること。
●登録鉄筋基幹技能者
●優秀施工者国土交通大臣顕彰
●安全優良職長厚生労働大臣顕彰
●卓越した技能者(現代の名工)
・レベル2、レベル3の基準に示す保有資格
職長としての就業日数が
645日(3年)以上で
あること。
レベル3就業日数が
1,505日(7年)以上で
あること。
・一級鉄筋施工技能士
 (組立て、または施工図)
・レベル2の基準に示す保有資格
職長又は班長としての
就業日数の合計が
645日(3年)以上で
あること。
レベル2就業日数が
645日(3年)以上で
あること。
・玉掛技能講習
レベル1建設キャリアアップシステムに登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者。

職長・班長の立場についての定義は、こちらをご覧ください。