全国鉄筋工事業協会

2021年06月09日
建専連新会長に全鉄筋岩田会長が就任致しました。

6月9日に東京新宿区のグランドヒル市谷にて、建専連の通常総会が開催され、任期満了に伴う役員改選で、当全鉄筋、岩田正吾会長が、建専連新会長に選任されました。

就任にあたって岩田会長は、「各専門工事業界団体の皆さんの声に耳を傾け、国や発注者.ゼネコンに対して、職人団体の総意としての意見を届け、職人の処遇改善につなげる。併せて、次世代の若者達が憧れる専門工事業を目指す。」との目標を熱く語られました。
岩田会長が常におっしゃっている「職人たちが未来予想図を描ける業界」を目指し、各建設業団体に協力を求めました。
総会後の記者会見において、「職人の待遇は、繁閑でなく、技術・技能で評価されるべきである」と市場の構造改革にも触れられました。



岩田会長
建専連会長就任、誠におめでとうございます。

総会式次第

新聞に掲載されています



ページ上部へ戻る