全国鉄筋工事業協会

緊急事態宣言発令に伴う事務局職員の在宅勤務の実施について

常日頃は、当協会の事業に対しましてご協力を賜り、大変感謝しております。
さて、政府は7日にも首都圏の1都3県に「緊急事態宣言」出す方向で調整しています。全鉄筋では職員の一人でも新型コロナウイルスに感染すると、事務局を閉鎖せざるを得ない事態になることから、通勤による感染確立を軽減するため、1月6日(水)から職員が交代で在宅勤務を実施いたします。
また、東京都の感染者数の増加が留まることを知らない状況を鑑み、外国人技能者に関する指導員巡回、その他出張等について、全国への感染拡大を軽減するためにも、その都度ご相談の上で出向くか否かを決定する所存です。 つきましては、以下の対策を実施しますので、ご理解ご協力を賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

●全鉄筋事務所出勤を2名とし、職員が交代で在宅勤務を実施する
●全員がICT(情報通信技術)を活用し、事務局機能を維持する
●感染拡大が終息することを確認した後に、本対策を終了する

全ての連絡が担当者直接の携帯電話、或いはメールとなります。
また、全鉄筋ホームページのよろず相談窓口から内容を選択してご送信いただければ、担当者より折り返しご連絡いたします。

https://zentekkin.or.jp/contact/

お手数をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。

以上

ページ上部へ戻る