全国鉄筋工事業協会

CCUSの能力評価(レベル判定)

フォーム申請は3月13日17時00分を以て締切りました。

  当協会は、建設技能者マネジメントスキル向上特別講習の受講による建設キャリアアップシステム(建設業振興基金主管)の鉄筋工事業に関する能力評価(レベル判定)について、以下の通り受付を開始しました。

建設技能者マネジメントスキル向上特別講習の受講結果に係る諸申請

・(様式1)能力評価(レベル判定)・キャリアアップカード交付申請
・(様式2)経歴証明
・添付:受講証明書(pdf)、キャリアアップカード(pdf)、資格証(PDF)

ご注意

受講者の所属企業は(様式1、2)の申請・証明を代行できます。
受講者本人が入力する場合は、所属企業による経歴証明を元にご申請ください。
国土交通省によるレベル判定システムが開始された時点で上記フォームの受付を停止します。
紙面郵送は受け付けられません。
記入・資格漏れ・誤り、資料添付漏れはレベル判定の取消事由です。
自動返信メールをよくご確認ください。原則として事務局から修正連絡をいたしません。
申請で誤った際は、正しい内容で再申請ください。原則として新しい内容を優先します。

フォーム申請は3月13日17時00分を以て締切りました。

(ご参考)【別表】レベル1〜4の基準の一覧

  就業日数 保有資格 職長・班長としての就業日数
レベル4 就業日数が
2,150日(10年)以上であること。
●登録鉄筋基幹技能者
●優秀施工者国土交通大臣顕彰
●安全優良職長厚生労働大臣顕彰
●卓越した技能者(現代の名工)
・レベル2、レベル3の基準に示す保有資格
職長としての就業日数が
645日(3年)以上であること。
レベル3 就業日数が
1,505日(7年)以上であること。
・一級鉄筋施工技能士
 (組立て、または施工図)
・レベル2の基準に示す保有資格
職長又は班長としての
就業日数の合計が
645日(3年)以上であること。
レベル2 就業日数が
645日(3年)以上であること。
・玉掛技能講習  
レベル1 建設キャリアアップシステムに登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者。
※ ●印の保有資格については、いずれかの保有で可とする
 

ご参考

鉄筋技能者の能力評価の開始について(2019/11/1)
https://zentekkin.or.jp/news/20191101_evaluation.html

建設技能者の能力評価制度について(国土交通省)
https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_fr2_000040.html

ページ上部へ戻る