全国鉄筋工事業協会

北陸地区
特定技能外国人受入事業説明会

日時:令和元年7月30日(火曜日)10:30〜11:30
場所:石川県地場産業振興センター 本館3階第6研修室

本年4月1日施行された特定技能外国人受入事業の説明会を北陸3県合同(石川県鉄筋業協同組合、福井県鉄筋協同組合、富山県鉄筋工事業協同組合)で7月30日(火)に開催致しました。

説明会には、特定技能外国人受入事業実施法人(一社)建設技能人材機構、略称JACより江口大暁管理部長、同事業部遠藤眞一プロジェクトリーダー(全鉄筋より出向中)が参加し、特定技能外国人受入制度と受入計画の作成等について説明致しました。
質疑応答では、技能実習制度から特定技能に移行する場合の仕組みや注意点、滞在5年間の更新手続き等について様々な質問があり、適切な制度運用への理解を深めて頂きました。

JAC江口管理部長には、8月7日九州鉄筋工事業団体連合会、8月22日関西鉄筋工業協同組合、9月8日北海道建専連等、全国各地で説明会を実施して頂く予定です。

1. 開会の挨拶 石川県鉄筋業協同組合理事長 小寺洋志裕

2. 建設分野の特定技能外国人の受入について

(一社)建設技能人材機構(JAC)管理部長 江口大暁様

3. 建設分野特定技能外国人申請関係について

(一社)建設技能人材機構(JAC) 事業部PL 遠藤眞一様

4. 質疑応答

ページ上部へ戻る